勉強方法

スポンサーリンク
受験生活

【勉強時間】自分の勉強のゴールデンタイムを探る

眠くならず、気分良く勉強ができる時間帯を少しまとめてみました。 少食にして、回数を増やしたり、勉強をする前に食べてみたり、勉強をした後に食べてみたりと色々と試してみました。 私みたいに兼業受験生なら、まとまった時間は確保できないと思いますので、勉強を1~2時間のサイクルで回数を増やすとか、色々工夫してもいいのかなと思いました。
受験生活

【睡眠】枕元に携帯を置いて寝るのは良くないと思う

つむじ付近から10cmぐらいのところに、携帯を置いて寝ると、深夜及び起床時に、激しい目眩が起こるんです。(ちなみに、低血糖ではないです。体温は平熱でも発生しています。) 携帯を離して寝ると、目眩もなく、健康に生活を送れています。 ただの迷信だろうと、睡眠前と起床後の記憶定着のゴールデンタイムを目眩で潰したくないので、携帯を枕元に置かなくなりました。
勉強法

【勉強方法】大事な箇所に下線を引くのは効果的?

テキストに大事な箇所や覚えるべき箇所があったら、下線を引いたり、暗記シートで隠するために暗記マーカーを引いたりしていますよね。 結局、大事な箇所や覚えたい箇所があったら、ページの右端か左端にある余白に「✓(チェック)」を入れるだけにしています。
勉強法

【勉強方法】歩きながら本を読んでみる

歩きながら、本を読むと、「血流が良くなり、覚える」といった話を聞いたことがあります。 都心部ですと、道幅が狭く、歩行者同士や車などに気を配らなくては危ない。 歩きながらの本を読むと、気分を害します。 気が散るので、熟読や理解するのは難しい。 暗記物の本を片手に、覚えながらの本読みが適していると思いました。
勉強法

【勉強方法】机に座らず、立って勉強してみる

机に座って勉強すると、すぐに眠くなったりしませんか。 やる気になっている時は机に座って勉強するのが一番良いのですが、 疲れている時や、少し集中が切れている場合は、少し立ってみることをおすすめします。 自宅なら、立ったままテキストを読んだり、過去問を室内を歩き回りながら解くのもいい感じでした。
勉強法

【勉強方法】自宅で誘惑にまけない方法

自宅で勉強していると、いつのまにか、スマホやゲーム、テレビ等をしていることはありませんか。 今回、ご紹介するのは、電車の中での勉強です。 実際にやってみると、捗ります。でも、眼が非常に疲れます。 資格のテキストを理解しながら読む場合、初めての読みの場合、睡魔にすぐ襲われるので注意です。 過去問を解くといった作業であれば、良いと思います。
勉強法

【勉強方法】やる気が出ない時は書籍をざっと目を通すだけにする

なんとなく、思ったのですが、 まとまったテキストに目を通す程度というルールにしています。 通勤途中(片道30分×2)、及び寝る前の10~30分だけでも、 読んでいる分野の理解度にもよりますが、かなりページ数が進むと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました