スポンサーリンク

【日常生活】受験生活に広い家は要らねぇ

受験生活

夜、勉強をしていて、足元が寒くて、勉強できないほどではないですけど、
少しずつ寒くなってきましたね。

昔、1LDKの35平米の物件に住んでいましたが、
現在、1Kの20平米の物件に住んで良かったなと思っています。
そのことについて、述べたいと思います。

1.光熱費(冷房や暖房費)が少し低下
  狭くなるので、エアコンの効きが良くなった印象があります。

2.住居費が低下
  広ければ、敷金や退去時のクリーニングに影響します。

3.生活しやすくなる
  狭ければ、少し歩くと、目的の場所(トイレ・お風呂等)に到着します。

受験生にとって、広い家である方が有利ということはないと思います。

専業でも兼業でも、これからのことを考えると、
あまり多くのお金を使う必要はないかなと思います。

もっとも、騒音や周囲の環境は大事です。
木造アパートに住んでいた時は、上の階のお子ちゃまが走り回って、その足音にげんなりしたり。

電車の場合は徐々に迫ってくるのが音でわかるので、
線路の側は意外とすぐに慣れます(集中力がすぐ切れます)。

どちらかというと、主要道路の側で、救急車のサイレンやダンプカーについては、
いつまでも慣れませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました