机に座っての勉強で眠くなったら、歩いたり、立って勉強するのが一番良い

勉強全般TIPS
勉強全般TIPS

皆さん、机に向かって勉強するとき、眠くなることはありませんか。
色々と理由はあると思いますが、
疲れていたり、食事後であったり、勉強にエンジンがかからなかったりしませんか。

今回は、そんな時、歩いたり、立って勉強したときの効果を記載していきたいと思います。

歩いたり、立って勉強する

立って勉強する

気分転換に立ったままテキストを読んだり、過去問を解くのは悪くないのですが、
長時間は厳しかったです

どうしても、立ったままだと、余計に疲労するため、
数十分で座るか、そのまま勉強以外の行動に向かいやすい。

テキスト持ちながら部屋の中をウロウロする

自室なら立ったままテキストを読んだり、過去問を室内を歩き回りながら解いたりするのが
一番覚えやすいと感じました。

ただ、注意しないと行けない点は以下の通り。
ウロウロするスピードが早いと疲れるし、覚えにくい。歩くことに意識が行ってしまうと勉強の意味が半減するので、立っているより少し動きがある程度のウロウロがおすすめです。

・マンションなど、フローリングの足音の状態を確認しないと、深夜のウロウロは下階の住民に苦情を受ける場合あり

二宮金次郎のように歩きながら勉強する

勤労勤勉の象徴である二宮金次郎のように道を歩きながらテキストを読んだことがありますが、
まったくおすすめしません。

理由は以下のとおり。
・危ない
自動車や自転車などが往来するところや人が行き来するところは、基本、危ないので止めた方がいいです。また、危ないので、意識も歩くことに割くので、勉強には不向きです。田舎とか往来の少ない道が好ましいです。

なお、日があるうちで、日が沈んだら、テキストを読めません。
日が沈んで、街頭の光で試しましたが、かなり目が疲れます。

・ムカつく出来事に遭遇し、勉強どころではなく、イライラする。

一言でいうと、自転車のジジィやババァに舌打ちされたことがあり、
十分な道幅にも関わらず、ぶつかるギリギリまで寄ってきて、舌打ちやベルを鳴らしまくり。
西国分寺での嫌がらせには、数年経っても思い出します。

歩きスマホ以上に、市民権はありません。

結論

「テキスト持ちながら部屋の中をウロウロする」のが私にはヒットしました。
もっとも、ウロウロするのも自室限定で、余所ではできない。

ウロウロしながら勉強する方法は、集中力を高めるために効果的です。
しかしながら、注意点も存在します。
まず、ウロウロするスピードが速すぎると疲れてしまい、記憶に残りにくくなる可能性があります。
適度な速さで歩くことで、勉強に集中しやすくなります。

また、音の問題もあります。特にアパートやマンションなど、床の音の問題に注意が必要です。
深夜にウロウロすると、下階の住民から苦情を受ける可能性があるため、時間帯や環境に気を配る必要があります。

さらに、歩きながら部屋の中を探索するという方法は、視覚的な記憶を強化するのに役立ちます。
部屋の中を歩き回りながら、テキストを読んだり過去問を解いたりすることで、より効果的に学習が進められます。

結論としては、「テキスト持ちながら部屋の中をウロウロする」という方法が効果的ですが、注意点を守りながら行う必要があります。
自室限定で行うことや、歩くスピードや時間帯にも注意を払いながら、効果的な勉強法を取り入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました