【投資全般】資産運用をAIやロボアドに頼ってはいけない3つの理由

資産運用

投資って難しそう・・・

きっと、初心者のわたしがやるより、コンピュータの方が安心よね。

AI(人工知能)やロボアド(ロボットアドバイザー)って、何か良さそう・・・

AI(人工知能)や、ロボアド(ロボットアドバイザー)による投資サービスが増えています。
初心者の方でしたら、「自分が投資をやるより、コンピュータにおまかせした方が良い」と思っている方は多いのではないでしょうか。

言葉の響きが良いですよね。
ついつい、サービスを利用しようと思ってしまいそうです。

ですが、AI(人工知能)やロボアド(ロボットアドバイザー)を使っても、
市場が暴落する相場では損します。

本記事では、AIやロボアドを利用してはいけない理由をご紹介したいと思います。

  • 現在のAIは幻想(資産運用できるレベルではない)
  • AIやロボアドはただのキャッチコピー
  • インデックス投資はAIを搭載した金融商品

現在のAIは幻想(資産運用できるレベルではない)

まず、現在のテクノロジーで実現しているAI(人工知能)では、資産運用できません。
ITエンジニアとして把握している、資産運用のAIは、数分後~数時間後までの予測と聞いています。

予測する時間が長ければ長いほど、予測精度が低くなります。
証券会社やヘッジファンドのように、ナノ秒でも早く取引を行うようなところでは活用されています。

証券会社によっては、私たちのような個人投資家に情報提供してくれるところもありますが、
情報の鮮度が落ちていたり、予測精度が低いです。

そもそも、AI(人工知能)ですが、
自律的に学ぶためには、その元となる「学習データ」が必要になり、法則化していきます。
音声データや運転データについては、法則化しやすい「学習データ」と言えますが、
マーケットデータは将来の予測も踏まえた価格や出来高となるため、法則化できません。

マーケットデータに対して、法則化できないため、予測を外すことになります。
平常時の場合であれば、数分後~数時間後までの予測は可能ですが、
経済危機の予測というような場合は不可能です。

また、AI(人工知能)によるシステムトレードを行ったために、損害を被ったパターンもあります。

例えば、「米国の長期金利と短期金利差がマイナスに突入したら、1~2年後にリセッション(景気後退)する」という論文は有名ですが、AI(人工知能)は法則化されたデータとして認識されています。
その結果、AI(人工知能)が反応し、一斉に売りを行い、通常起こり得ないレベルまで価格が暴落し、人間の目(ファンドマネージャや個人投資家)によって、底値で買われるような場合がありました。

AI(人工知能)は、S&P500指数よりも運用成績が悪いのが現状です。

AIやロボアドはただのキャッチコピー

ロボアドバイザーは「資産運用の助言を行うサービス」です。
あらかじめ用意された質問に答えることで、
年齢や思考を元に、自分にあった資産配分や商品をすすめてくれます。

上記サービスは「助言型ロボアドバイザー」とも呼ばれており、
どの会社でも無料で提供されています。

しかし、上記サービスに加えて、
自動で売買をしてくれる「自動運用型ロボアドバイザー」というのが要注意です。

自動運用といっても、コストの低いインデックス投資を行っている場合が多いです。
インデックス投資は少し勉強すれば分かると思いますので、自分で運用したほうが良いです。

「自動運用型ロボアドバイザー」年率1%の手数料を取られるのは賢くありません。

インデックス投資はAIを搭載した金融商品

マーケットデータは、様々なロボットの算出結果、様々な人の思惑を織り込んで作られています。
所詮、1つ程度のロボットの算出結果ではたかが知れています。

S&P500や日経平均といった指標の場合、
勢いのない銘柄は脱落していきますし、景気循環やローテーションも起こります。

そう考えると、インデックス投資は、
ある意味、AIを搭載した金融商品といっても、過言ではないかもしれません。

みなさん、いかがでしたか。
本記事を読んで、何か為になったようでしたら、幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました