【投資全般】米国の重要経済カレンダー(2022年)

外国為替

2022年3月現在ですが、以下のような懸念材料が挙がっています。

・ロシアのウクライナ侵攻
 ロシアのデフォルト、欧州経済のインフレ、エネルギー・食物価格の上昇といった影響

・中国のコロナ再燃
 主要都市のロックダウンによる経済失速、世界経済への影響、台湾侵攻の恐れ

・米国のインフレ
 エネルギー価格上昇、インフレ退治は実現できる?

上記のような急激な経済変動に対応しないと、資産形成していけません。
ロシアのウクライナ侵攻といったものは状況が読めない以上、
予め日程発表している経済カレンダーについては、せめて整理しておこうと思います。

なお、経済市況は多くあるため、重要なものだけを記載していますので、ご了承ください。

FOMCの開催日程

FOMCとはアメリカの金融政策を決定する会合を示します。
FOMCは年に8回開催され、現在の景況判断と政策金利の上げ下げなどの方針が発表されます。
世界のマーケットに与える影響が大きく、市場関係者の予想と乖離すると、大きく株価に影響が出ます。

開催回数開催日
第1回1月25日・26日
第2回3月15日・16日
第3回5月3日・4日
第4回6月14日・15日
第5回7月26日・27日
第6回9月20日・21日
第7回11月1日・2日
第8回12月13日・14日

米国雇用統計の発表日程

アメリカの雇用情勢を示す統計で、景気状況を探る上で最も重要な経済指標です。
前月の実績値(アメリカの景気の実体を表す最新の数値)を
毎月第1金曜日にアメリカ労働省から発表されます。

統計時期発表日
2021年12月1月7日
2022年1月2月4日
2022年2月3月4日
2022年3月4月1日
2022年4月5月6日
2022年5月6月3日
2022年6月7月8日
2022年7月8月5日
2022年8月9月2日
2022年9月10月7日
2022年10月11月4日
2022年11月12月2日

消費者物価指数(CPI)の発表日程

消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標です。
前月分の実績値を毎月13日頃にアメリカ労働省から発表されます。

緩やかな物価上昇(2%程度)であれば、問題ないとされていますが、
最近の急激な物価上昇は、家計への打撃や資産の目減りを引き起こすため、要チェックです。

正確な日程はわからないため、以下にアメリカ労働省労働統計局のリンクを貼ります。https://stats.bls.gov/news.release/cpi.toc.htm

SQ

先物取引・オプション取引を行う際、決済期日があります(アメリカ:第3金曜日)。
その決済期日のことをSQ日と示され、SQ日の数日前からSQ日は取引量が多く、価格変動が多くなります。

3月、6月、9月、12月は先物取引とオプション取引のSQ日が重なるため、波乱が起こりやすいです。
3月、6月、9月、12月はメジャーSQと呼ばれ、それ以外の月はマイナーSQとも呼ばれています。

アメリカにおいて、NYダウやS&P500等の株価指数、原油や金などのコモディティ商品といった先物であったり、債券などのオプション取引などがあげられます。
なお、日本の日経平均先物も、ダウやS&P500に次ぐ取引量となっています。

分類SQ日
マイナーSQ1月21日
マイナーSQ2月18日
メジャーSQ3月18日
マイナーSQ4月15日
マイナーSQ5月20日
メジャーSQ6月17日
マイナーSQ7月15日
マイナーSQ8月19日
メジャーSQ9月16日
マイナーSQ10月21日
マイナーSQ11月18日
メジャーSQ12月16日
タイトルとURLをコピーしました