【ストレス症状】投資で失敗した時に身体に表れる症状を整理

身体の悩み

株価が気になって、眠れない・・・。

それに、最近、何だか身体がだるいんだよなぁ・・・

投資で失敗の経験をされた方はいらっしゃると思います。
上記のように、投資の失敗が原因でストレスを感じ、身体に影響を及ぼしています。

本記事では、身体に影響を及ぼしている症状を解説していきますので、
該当する症状が見当たりましたら
投資方法のどこかに誤りがありますので、投資方法の見直しのきっかけになればと思います。

また、身体に表れる症状から医師に相談して、早期治療することで、
本記事が役立ったと思っていただけたら幸いです。

  • 精神面に起こるストレス反応
  • 身体面に起こるストレス反応
  • 行動面に現れるストレス反応

精神面に起こるストレス反応

症状

  • 急性的なストレス(一次的反応): 不安、緊張、怒り、興奮、混乱、落胆など
  • 慢性的なストレス(二次的反応): しんどい、無気力、短気など

上記のような症状があります。
しかし、注意が必要です。
血圧上昇や心拍数増加が起こり、結果として、様々な疾患へ発展する恐れがあります。

わたしの知り合いには、FXをやると、高血圧になるので、医者から止められている方がいます。
その方は、FXが趣味なので、辞められないと言っているので少し心配ですね。

対処法

  • 「投資で勝ち続けるのは無理」と悟る
    タイムトラベラーなら、常に勝ち続けられると思いますが、
    投資のプロですら、良い成績を残せず、廃業しているご時世です。
    「トータルで収支がプラスであれば、良し」として、肩の力を抜きませんか。
  • 前向きに考える(負けても、くよくよしない)
    負けてくよくよしても、収支が変わりません。
    であれば、次に向けて、投資方法を変えたり、気分をリセットしませんか。
  • 目標を下げる
    高い利益を望みすぎていませんか。
    売り時を見逃して、収支がマイナスになってしまうこともよくあります。
    であれば、「低い目標を立てて、達成する」ことを何回も実行した方が、精神衛生上良いです。
  • 一人で悩まない
    一人で考えても、解決策が見えない場合もあります。
    他の人にアドバイスしてもらったり、悩み事を話してスッキリしませんか。

身体面に起こるストレス反応

症状

  • 急性的なストレス(一次的反応): 動悸、発汗、顔面紅潮、胃痛、下痢、震えなど
  • 慢性的なストレス(二次的反応): 疲労感、不眠、循環系症状(高血圧、不整脈など)、消化器系症状(胃潰瘍など)、呼吸系症状(気管支炎など)、神経筋肉系症状(頭痛、こりなど)

上記のような症状がありますが、ほんの一例にすぎません。

私の場合は、脱毛症(薄毛)や、発疹・かゆみに表れやすいです。

特に、 脱毛症については、ストレスから脱毛症になって、その脱毛症がストレスにもなりました。
悪循環に陥ったため、AGAクリニックに通ったり、髪の洗い方、食生活、睡眠など、進行を食い止めるために、様々な努力を行いました(おかげさまで、プロフィール写真のように、まだあります)。

対処法

  • 癒やし時間
    1日のどこかで、自分自身を労る時間を設けましょう。
    好きな音楽を聞いたり、趣味に走ったり、自分をリラックスする
  • 十分な睡眠
    やはり、十分な睡眠が得られないと、正常な思考ができません。
    睡眠不足の状態で投資して、良いことありません。
  • 適度な運動
    適度な運動にはストレス解消の効果があると言われます。
    全身の血液の循環が良くなるため、脳内においては老廃物を洗い流し、頭をすっきりさせるという効果を生みます。習慣化できるような運動だと良いですね。

行動面に起こるストレス反応

症状

  • 急性的なストレス(一次的反応): 回避、逃走、ミス、事故、口論、喧嘩など
  • 慢性的なストレス(二次的反応): 遅刻、欠勤、大酒、喫煙、作業効率の低下、やけ食い、生活の乱れ、ギャンブルなど

上記のような症状が表れてきます。
その他にも、食べ物の好みの変化といったものもあります。
行動面については、自分で自覚していなくても、他人から指摘されて気づく場合があります。

対処法

  • アルコール、暴飲暴食、薬物に頼らない
    ストレス回避を目的として、喫煙量の増加、多量飲酒、過食・偏食といったものでストレス発散したり、睡眠不足を睡眠薬で解消しようとすると、生活行動習慣の乱れが常態化して、様々な疾患へ発展する恐れがあります。
  • 休息・入浴・食事
    適度な休憩を取ることで、活力が湧いてきたり、ぬるめの湯に入浴することでリラックスしたり、
    栄養のバランスのとれた規則正しい食事でストレス耐性をつけるです。
    健全な生活を実施してみて、続けられそうなものを日々の生活に取り入れてみてはどうでしょうか。

最後に

「株価・為替が気になって、仕事が集中できない」とか、「何も考えたくない」といった症状等、
経験された症状はありましたでしょうか。

身体的な症状や行動的な症状については、他者による気づきから自覚しやすいですが、
精神的な症状については、自覚しにくいと言われています。

いずれにせよ、投資で失敗した時、
これらの症状が出るようであれば、投資のやり方を見直す契機だと思います。
一度、ポートフォリオや資金管理を勉強し直したり、プロに相談してみるのも一考かと思います。

私の場合、投資のやり方が誤っていたと自覚するまで、時間がかかりました。
ですので、皆さんは同じ轍を踏まないように気をつけてくださいね。

また、投資をしたことで、ストレスを抱えて、病気になってしまったというのも、
あまり好ましくないですよね。
健やかな心身を保ちたいものです。

タイトルとURLをコピーしました