原油価格はさらに上昇していく!?

コラム

原油価格は2021年10月半ばに86ドル/バレル前後でしたが、
2021年11月20日現在、78.743ドル/バレル前後に推移しています。
今後、短期的にどのようになるかを予想したいと思います。

ファンダメンタルズ分析

コロナショック後の景気後退からの石油需要の低下は想定されるため、OPECは増産しないと考えられます。そのため、しばらく原油価格上昇は続くと見られます。

テクニカル分析

2021年10月22日頃をピークに価格は下落していますが、今後も続くのでしょうか。
MACDではフラットラインになっておらず、まだ下落する傾向を示しています。
WPRでは売られすぎといった傾向を示しています。

まとめ

WPRでは売られすぎとの傾向なので、
以下の商品の中から打診買いをしようと思っています。
76ドル/バレルもしくは72ドル/バレルあたりに抵抗線がありそうです。

  • 原油先物
  • 石油関連ETF(USO、UNGなど)
  • 石油関連株(日本:INPEX、ENEOS、米国:XOM、CVXなど)
  • 石油生産国との為替取引(米国、ロシア、カナダ、中国、メキシコなど)

タイトルとURLをコピーしました