インフレ懸念と今後の注目銘柄

コラム

各国動向からインフレ傾向が見られています。
また、金利上昇も今後行われることを踏まえて、どのようなセクターに投資をしていくべきかを整理していきたいと思います。

インフレとは

インフレとは、一定期間にわたって経済の価格水準が全般的に上昇することを示します。
企業業績の上昇から賃金が増加し、消費が進むので、緩やかなインフレは望ましいと言われています。
現在、世界各国、コロナ危機でダメージを負った経済を財政出動で回復を図っています。
そのため、大幅な財政出動から、インフレが観測されています。
IMFの世界経済見通し(2021年10月)によると、2022年半ばまでにインフレが緩和される見通しと言われていますが、厳しいとの意見もあるようです。

インフレに強いセクターとは

統計情報をまとめていないため、わかりませんが、
一般的に、エネルギーや素材といった関連株や総合商社株が良いとされています。
需要不足から、企業の採算確保を優先するため、販売価格に転嫁されます。
そのため、上記で記載したセクターは一般消費者から遠い産業(「川上産業」)なので、
インフレに強いと思われます。

インフレに強い銘柄の整理

日本株

  • 住友化学
  • ENEOSホールディングス
  • 日本製鐵
  • ジェイ エフ イー ホールディングス
  • 丸紅
  • 三菱商事
  • 日本郵船
  • 商船三井

米国株

時価総額と配当利回りでスリーナーをかけたのですが、
詳細に分析しないとわかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました